育児の方法

語りかけ育児

小さい子供は親や周りの大人に様々な助けを借りなければ、生きていくことができません。子供が生まれてから、心身共に成長し、一人で社会生活ができるようになるまでの間を養育することが育児ですが、親はその過程で様々な悩みを抱えます。育児については様々な方法や意見があり、何が正しいのかを判断することが大変困難ですので、親になると迷うことも多いでしょう。

近年話題となっている育児の方法をいくつか紹介します。まず、「語りかけ育児」という方法を聞いたことがありますか。語りかけ育児の方法は毎日30分間子供としっかり向き合って、1対1で完全に互いに集中する環境を整えます。他人の出入りは禁止、テレビや音楽もかけません。その中で赤ちゃんの動きをまねして見せたり、声まねをして話しをしているような雰囲気を作ってあげたり、同じことをする楽しさを感じさせます。また、赤ちゃんの行動に対して感じているであろうことを言葉にして語りかけてあげると、赤ちゃんは自分の気持ちを理解してくれていることを感じて安心します。大人が何か行動を起こす時には赤ちゃんに対して言葉をかけてあげましょう。

例えば「抱っこするよ」「おでかけしよう」など日常のささやかな行動を言葉にしてあげることで意味を理解するようになります。子供がしゃべれるようになると、いい間違いや発音しにくい言葉が出てくるでしょう。きちんと発音できなくても言い直しや否定することなく、応えてあげましょう。また、興味を持ったことがあれば、会話が続くよう話しを広げてあげると楽しめます。

[特選サイト]
育児に重要なのは夫婦の仲の良さですが、もし夫婦関係の修復を望まれている方はこちらのサイトで相談が出来ます >>> 夫婦関係の修復